ショップの形態を考える

違いを理解しておく

PC

ネットショップを開設する場合、ECコンサルにサイトの構築を依頼する方も多いことでしょう。
しかし、ECコンサルとは言ってもさまざまあるので、依頼先はいろいろな角度からに見ていく必要があります。
ネットショップの開設には既存のショッピングモールに出店、ドメインを取得して独自のネットショップを構築するという2つの方法があります。
この他にも、ネットショップを構えて、さらにショッピングモールへも出店するのもよくあるケースです。
ショッピングモールに出店する場合は、モール内で競合する店舗も数多くあるので、ショッピングモール内での競争に打ち勝っていけるように広告枠をいかに確保するか、メールマガジンで販売促進を図る等の戦略は重要です。
自社サイトを構築する場合は、webサイトを一から作成する必要があり、web広告やSEO対策、リスティング広告などの対策を要します。
これらの点から依頼するECコンサルタントを選んでいく必要があり、これはECコンサルタントの手がけているネットショップの実績を見ていく以外にはないでしょう。
また、依頼の際はECコンサルタントに支払う費用のことは、よく確認しておいたほうがいいでしょう。
料金体系はショップの収益に対して費用が発生する成功報酬型、最初から金額の決まっている固定報酬型、この2つを組合せた複合型があります。
成功報酬型はショップを構えて収益が上がり、運営が軌道に乗るまでは費用は少なく済みます。
固定報酬型は収益の増減に関わらず支払う費用は決まっているので、安定した収益が見込めるならこちらの方がいいかもしれません。
複合型は固定費と成功報酬ともに前者2つよりも安くなっていますが、最終的に支払う金額を総合的に判断していく必要があるでしょう。

プロによるアドバイス

男性

インターネットサイトを持ち、自社のサービスや商品を販売する会社は年々増えています。
大手通販サイトを通じて自社製品を販売していると、売り上げを更に拡大するための方法を探る方も多いです。
インターネット販売のプロである、ECコンサルに相談すると、経験豊富な知識で最善策を導き出してくれます。
具体的には、ECコンサルはどんな課題があるのかを明確にしていきます。
そして、改善すべき点を一緒になって考えてくれるのです。
ユーザーがどの媒体を通じてアクセスしているのかを見ることは、販売ルートを検討する上でも重要です。
そして、商品名が顧客に伝わりやすく、しっかりと商品イメージができる名前になっているかを確認していきます。
インターネットショッピングでは、ユーザーはクチコミやレビュー数を参考に購入することも多いので、製品のレビューをより多く、かつ高評価でもらうことが必要になります。
ECコンサルは、そのような課題のうちに、どの問題にすぐ取り組まなくてはならないかよく知っています。
ECコンサルは、実際にECサイトで販売経験した人も多く、色々な相談に乗ってもらうことが可能です。
ECコンサルを初めて利用する人向けに、不安解消のためにも、無料相談や1ヶ月無料お試しなどが利用できます。
今までなかなか試せなかったかたでも、無料もしくは低価格で相談に乗ってもらうことで、売り上げ増大のチャンスを掴むことができるので、是非ECコンサルの利用を検討してください。

専門家に依頼するメリット

WEB

インターネット通販が年々拡大している世の中にあって自分もオンライン店舗を運営したいと考えている方は多いのではないでしょうか。
オンラインとはいえ、実際に商売をする以上は十分なノウハウを備えていないと思った以上にコストがかかってしまいます。
また、場合によっては赤字に陥ってしまうリスクもあることを理解しておきましょう。
そして、より効率的にビジネスを遂行するためには専門のECコンサルと呼ばれるプロに依頼してアドバイスを受けることをお勧めします。
しかし、ECコンサルであれば誰でもよいという訳ではありません。
より実体験に基づく実用的な助言を得るためには自らもネットビジネスで成功した経験を有するコンサルタントに相談するのが望ましいでしょう。
また、どのような商材を扱うかによってもそれを得意とするECコンサルと、そうではないものが存在することからコンサルタントの専門性を事前に確認することも重要です。
さらに、ECコンサルには、独立の立場でコンサルティングサービスを行っている者と、特定のオンライン企業に所属したり提携したりしてサービス展開を行っている者がいることも頭に入れておく必要があります。
これはいずれがよいという訳ではなく、様々なオンラインサイトを通じてビジネスを拡大していきたいのであれば前者を選択しましょう。
そうではなく特定のサイトに力を入れたいということであれば後者を選定するのがよいでしょう。
自分にあったコンサルタントをいかに選ぶかがポイントとなることを頭に入れておくことが大事です。