劣化に気付いたら検討しよう!外壁塗装をすればまるで新築住宅

快適な環境を準備しよう

作業員

住まいの外壁は10年を過ぎている頃から塗装が剥げたり苔が生えてきて、見た目にも傷んできます。越谷市の外壁塗装業者は、建物の傷み状況から適切な塗料を選定してくれます。建物の傷みには壁の材質や日照環境によって大きく異なります。一軒家の外壁はモルタルのものからサイディング仕様に変わってきています。素材が違うと傷み加減も異なります。また、交通量の多いがために生じる排ガスの影響や、海岸沿いに住まいがあると海風による影響で外壁の傷みが激しくなってしまいます。越谷市で外壁塗装をすることによって、今後10年から20年は良い状態を維持できます。越谷市で使用する塗料にはシリコン合成樹脂を使用することが多く、比較的価格もリーズナブルになっています。耐久性を考慮するならばフッ素合成樹脂がお勧めです。20年近い耐久性がありますが、価格がシリコン素材のものより1.5倍ほど掛かります。耐久性がシリコン樹脂とフッ素樹脂の間に位置するものにラジカル合成樹脂があります。15年近く維持できる外壁塗装となっています。外壁でも屋根のように雨や日光によく当たる場所にはフッ素合成樹脂を使用されることが多く、外壁と塗料を変えてみるのも良いでしょう。塗料には材質の違い以外にも、希釈剤が油性のものと水性のものがあります。水はじきが良くて長寿命な油性タイプと比べて、水性タイプは外壁に塗りやすく価格も抑え目になっています。日頃から外壁の傷みを確認する機会がないと外壁塗装をする機会を逃してしまいます。10年過ぎたら越谷市の外壁塗装業者に見積もりをしてもらいましょう。